スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

18週間・・・バルボ

今日はきなの日ですにっこり
またもやいつもの通りちょっといいお供えとお線香を
あげながらきなと会話。
きなの写真を拭き拭き(ちょっと埃が~)しながら話しをしてると・・・
もなが不思議そうに見てましたsn


毎週水曜日はこのブログを始めてから特にきなの小さい頃の事を
思い出します。
前回の水曜日は出会い編(爆)
今回はパルボ!!えぇそうですあのパルボウィルスです。

きなと劇的な出会い(笑)ペットショップから引き取りの日まで数日かかり
うちに来て2日目の写真を見てもらったのですが・・・
あの後に事件が!!

ペットショップできなを購入した時に店員さんに「保証つけますか?」って
聞かれペット保証?と思ったら子犬の生命保証。
子犬代金の20%ぐらいだったような・・・(はっきり覚えてない)
もし飼った子が1ヶ月以内に亡くなったら新しい子犬をもらえるという保証です。

私はきなに一目惚れしたのでもし1ヶ月以内にきなが亡くなったからといって
「はい!!次の子」という気持ちになれないと思い保証はつけませんでした。

もしこの子が子犬の頃に亡くなったら私は一生犬は飼わない」って
勝手に心に決めていたので・・・。
何でそんな考えだったのか今ではわかりませんが・・・。
犬を飼った事がなかったからかもしれませんね。

案の定ワンコ初心者の私が飼うと・・・

きなはうちに来てから便がゆるいし・・・吐くし・・・
ペットショップに小さな付属病院があったので毎回電話して
症状を話して確認。
勧められた栄養剤を買っていたのでそれを舐めさせて様子を
見てくれの一点張り。
病院に連れて来てとは言わないんです。
きな自体は元気もあり食欲もあったのは事実ですが
吐くし下痢気味。
子犬だったら普通すぐ病院に行かなければならないのは今では
わかってますが・・・。
その頃は本当のワンコど素人汗;

「ほんっときなごめん」って感じです。

兄夫婦がきなに会いに来たのはきながうちに来てから3日目
夕方来てみんなでうちで食事をする予定で・・・。
夕食の用意を私がしている間・・・兄夫婦はきなと楽しい時間を・・・
のはずが様子が変!!

きなが吐いて下痢しての繰り返しorz
きなもかなり辛そうで・・・
慌てて付属の病院へ電話
帰ってきた言葉は
「今日はもう診療が終了するので栄養剤舐めさせて明日来て下さい」
「かなり辛そうなんですが」と言っても
「明日来て下さい」の一点張り(汗)

姉はワンコを飼った事がある人なので・・・
「絶対に病院に連れて行った方がいい」って!!
すでに夜7時をまわっていたのでタウンページで近所の病院を探して
電話「すぐ連れて来て下さい」と言われ3人で出発。

病院に着いたら・・・
うちじゃないですよ~って言われ・・・

病院間違えたorz

その病院で電話した病院の場所を聞き無事到着。
すぐ検査
先生から言われたのは
「パルボウィルスに感染してます。この子が生存出来るかどうかは
この子の体力にかかってます・・・」
うちに来てまだ3日目なのに涙が止まらなくて
恐るべしワンコパワーですね~。
すでに情が湧いてたようです。

その後1週間入院。毎日お見舞いに行くと隔離された部屋で
私が来ると大喜びにっこり
子犬の強みか看護婦さんにもかなりかわいがって頂いたようで
きなはその後病院大好きワンコに変貌!!

先生から「この子は体が大きかったから生還出来たんだよ」って
言われました。

それ以降私がかなりの過保護になったのは言うまでもなく(爆)
あのペットショップ付属病院を信じた自分がバカだったと思ってます。

きなこ5月 0131

またもや写真をデジカメで(笑)
反射して見にくいですね~。

今日は長々とお付き合い頂きありがとうございます。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ペットロスへ

⇒comment

Secret

きなママさん~よーく分かります!
うちもセナが初めてのワンで、
判らない事だらけで、何度死なす事だったか!!
セナはショップから来たときは、2ヶ月で骨格は大きいのに
体重が2キロしかなく、ガリガリでした。
知り合いのブリーダーさんに、痩せすぎてるから
牛乳を人肌に温めて、飲ませるといいと聞いて
いくらでも飲むので、かな~りの量与えました。
結果夜から朝にかけて、下痢が止まらず…。
慌てて動物病院に連れてったら、
仔犬の時は下痢でひどい脱水状態になるので
命の保証はできない!!とスッゴク怒られ、
そこで初めて事の重大さに気付いた
馬鹿飼い主でした(>_<)
私もきなママさんと同じで
それから過保護ママになっちゃいました^^;

私もね、やむなくシングルになる心細さと、何か気持ちを傾けるモノが必要との考えから、小さな頃から憧れていた「名犬ラッシー」に似た、シェルテイを飼ったのが始まりでした。
飼い始めて、3日間。何も食べない。 元気もない。 だけど私を目で追うから嫌われてるわけでもない。色々調べて、ついに病院へ。 きなちゃんと同じ「バルポ」でした。 えらい安い犬と思いつつ、予算的には助かるし、気に入ったしと直ぐ決心。 大人しいのは病気だったからですよね。
獣医さんは、あの有名な南極犬「タローとジロー」に関わった人の2代目。 飼い主には言葉のキツイ怖い人でも、犬を見る優しさと診察は確かで、絶対的な信頼感。 探し出して、夜中に見て貰いました。怒られたけど、連れてきたことは褒めてくれましたね。
その子も全快し、15歳の最後まで二人で一生懸命に生きた、大事な宝であり、唯一の家族でした。
以心伝心、その子が目やにを出すと、私も目の調子が悪い。 私が下痢だと、その子も下痢。
懐かしい思い出です。 やだ、涙が出てきちゃった。 今の子が心配そうに見てます。

仔犬の生命保障…そんなのあるんですねえ。おまけに、なんという不誠実さ。
きなちゃん、危うくパピーの時に命を失うとこだったんですね。
でも、その病院許せないね!
犬は喋れないから、やっぱ、飼い主が変化を見逃さないよう気をつけなきゃいけないですね。
華にかぎり、私も調子わるけりゃ、すぐ病院です。

何度もご免なさい。
基本的にペットショップと提携している医者は避けるべきです。 ペットショップとの契約もあり、店が不利になる対応は、絶対出来ないから。
最初にサービス券やら、注射半額券とか色々くれるし、その経費節減からつい利用したくなっても、絶対ダメ。
本当のことを言い、対応してくれるのは、店と何の関係もない医者です。(診察に上手下手はあるとしても)
こちら近畿には、そういう風に提携して共存しているペットショップも多いですよ。
無論、とても良い処もあるんでしょうけどね。

きなちゃん、こんなに小さい時に
大きな病気から立派に生還してたんですね(ノω・、)
頑張ったんだー!きなちゃん凄い。きなちゃんえらい。
病気は辛かったし、附属病院の対応も本当に酷いけど
安心して治療を任せられる獣医さんにめぐり会えたのは
本当に良かったですよね。
オマケに病院大好ききなこさんになっちゃうなんて(*´∇`*)
中々いないですもんね、病院好きなわんこって。
スタッフさんがきなちゃんの事、
本当に本当に可愛がられたからなんだろうなぁ♥

ヴィヴィアンはブリーダーさんから来たのですが彼女も我が家に来て3日目くらいから嘔吐・下痢で大変でした(^^;
今は「こんな事もあったな~」と思えるほど元気にしていますが、嘔吐・下痢がおさまらずおまけに低血糖でグッタリ・・・
体温も低くなりやはり病院で「命にかかわるかも・・・返したほうがいいのでは・」と言われ泣きました!
寝ているときも「生きてるか??」と不安で何度も確認しました。。。

きなママさんのお話を読んでいて懐かしく思い出していましたよ~!
トップの記事、リンクさせていただきました。
こんな事しかできませんが。
何も出来ない苛立ちがますます悲しさに変わります。。。

v-524セナママさんへ

セナ君も危うかったんですね。
初めてだとやはりそういう失敗が~
セナ君もきなも生還出来たから・・・
今は昔のちょっとした笑話になるんですけどね。
その当時は必死v-405
うちも牛乳あげたら連続下痢。
今思い出しても失敗の連続v-388
本当にきなに申し訳なかったです・・・。
今頃セナ君ときなで昔ひどい目にあったって
話してるかも!!

まぁいろんな事を乗り越えてセナママさんも
私も少しは進歩したのかもしれませんね。
それは子供たちのおかげv-410かな?


v-524sepiaさんへ

同じパルボだったんですね。
でもその後15歳まで・・・ちょっと羨ましいです。すみません。
以心伝心v-410
ボギー君はsepiaさんと一心同体だったんですね。
きなも病気になる前はよく私のお腹の調子が悪いと
その日ちょっと下痢気味(笑)
でもこれくらいかな~。同じだったのって!!
まだまだsepiaさんとボギー君の域まで達してなかったようです。

病院はちゃんとした所を選ばないと大変な事にv-405
生かすも殺すも飼い主次第・・・。
きなの件で随分勉強になりました。
きなのかかりつけも検査検査でかなり高額v-390
本当は変えようと思ったのですがきながその病院が大好きだったので
最後までそこで診てもらいました。
もなは近所のとても良心的で誠実な先生の病院で診てもらってます。

きなの時にいろいろ失敗ばかりでダメダメ飼い主だったので・・・
もなには同じ失敗はないよう日々観察v-410
あんまり見るので嫌がられてます(笑)



v-524華ママさんへ

華ママさん(山口)←?山口さん?
山口県?すみません。教えて~気になる~(笑)
きなは確かに死にかけました。
それは不誠実な店や病院のせいもあるのですが・・・
基本私の無知が大半を占めてますv-390
知らないという事は大事な家族を死なす事。
ほんっと私が殺しかけたみたいなもんで
かなり反省しました。

それからはバカがつく過保護に~変貌v-392
愛犬の状態を一番理解していなきゃいけないのは飼い主ですからね。
華ちゃんはママがしっかり見てるから
大丈夫v-410


v-524ねねさんへ

きなは「先生の所に行くよ」って言うともう大ハシャギv-392
でもその病院限定・・・(汗)
セカンドオピニオンで違う病院に連れて行ったらかなり
テンション下がってましたv-388
でもその病院かなり高額(汗)
本当はもっと良心的な病院が側にあったので
変えたかったんですが・・・。
きながその病院が大好きなので変えられず(爆)
いつも行くと先生を目で追ってました。
珍しいですよね!!



v-524junさんへ

そうでしたね。ヴィヴィアンちゃんも・・・。
今ではそんな様子も全然見えなくてティダ君ととても仲良しv-410
今が元気だから「こんな事もあったな」って
思えるんですよね。
病院で泣いた事とか看病した事とか・・・。
きなもその後は順調に回復したので
今となっては懐かしい思い出です。
何もなく健康で元気が一番ですけどね。

リンクありがとうございます。
私もこれぐらいしか出来ないので・・・
協力していただいてありがとうございます。
プロフィール

きなママ

Author:きなママ
上 きなこ♂8歳
2008年1月虹の橋へ
中 もなか♂年齢不詳
2008年3月我が家へ
ドリームボックスより生還
2012年9月虹の橋へ
下 よもぎ♂6歳
2012年11月に家族に
なった我が家の3代目。

ご訪問ありがとうございます!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
ランキングに参加しています!
とっとこ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
Happy Paws~幸せへの足跡~
バナー
★★★★★★★★
♥♥♥♥♥ϖ
迷子犬を捜しています!
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。